パワーストーン鑑定士資格のおすすめ情報サイト

フリマ販売しやすいハンドメイド品とは?

 

フリーマーケットでは

趣味で作っているハンドメイド作品などを販売する人も少なくありません。

 

フリーマーケットでよく販売されているもの

女性が多く訪れるような所であればアクセサリーやデニムをリメイクしたもの、キャンドルなどがよく販売されているものです。

 

男女共に年月がたっても人気のもの

男女共に年月がたっても人気のものではパワーストーンのブレスレットがあります。

 

 

フリーマーケットでは法にふれないものであれば何を販売するのも自由ですし、それに好きな価格をつけることもできます。

 

そのため、フリーマーケットでは趣味で作っているハンドメイド作品などを販売する人も少なくありません。

 

そのフリーマーケットにもよりますが、女性が多く訪れるような所であればアクセサリーやデニムをリメイクしたもの、キャンドルなどがよく販売されているものです。

 

また幼稚園や保育園などで使うことができるハンドメイドの体操服入れや上靴袋、コップ袋などお子さん用の手作り品も人気キャラクターの布を使ったものであればより販売しやすく、売れやすいといえるでしょう。

 

手作りである必要があるけれど、手作りするのが苦手というお母さんは意外とたくさんいますので、子供さんのために可愛くて気に入ってくれるようなものを購入したいと希望する人がとても多いからです。

 

 

基本的にフリーマーケットに来るお客さんというのは通常購入するより安いものが手に入る可能性があるということを期待しています。ですから、販売しやすいものとしてはコストがそれほどかからず、大量に手作りしやすいものということになります。また年齢層に関係なく、どんな人でも身につけやすいものを販売するというのも良いでしょう。

 

男女共に年月がたっても人気のものではパワーストーンのブレスレットがあります。一見数珠のようなパワーストーンのブレスレットは女性だけではなく、男性アクセサリーとしても身につけやすく、縁起をかついで購入するという方も多いです。

 

またブレスレットはどのパワーストーンや細かなものを組み合わせるかということについてデザインセンスは必要ですが、専用のテグスにパワーストーンを通すだけといった作業ですから短時間で大量に作ることも可能です。

 

最近ではフリマといっても実際にどこかの広場や駐車場などを利用して開催されるものとは別に、インターネットで販売・購入をすることができるフリーマーケットサイトなどがあり、趣味のハンドメイド作品を販売しているという方もとても増えています。

 

パワーストーンが好きな方や集めるのが趣味といった方はパワーストーンブレスレットなどの販売も良いでしょう。

 

趣味と実用を兼ねたパワーストーングッズの作り方

 

趣味と実用を兼ねたパワーストーングッズ

初心者の方でも作りやすいものといえばブレスレットがあります。

 

パワーストーン・ドール

意味にあわせて石を組み合わせてドールを作ることで願い事を叶えてくれるドールを作ることができます。

 

オシャレ度が高いブレスレット

パワーストーンの間にロンデルと呼ばれるキラキラと光るものを配置するとオシャレ度が高いブレスレットに仕上がります。

 

 

趣味と実用を兼ねたパワーストーングッズで初心者の方でも作りやすいものといえばブレスレットがあります。

 

ブレスレットは趣味にできるくらい簡単で、しかも特殊な道具などを必要としないので材料さえそろえばすぐにでも作ることができます。

 

趣味で作っていればすでに用意があるものですが、例えばテグス、専用のゴム、パワーストーン、はさみ、あればクリップなども用意しておくと便利です。シンプルなブレスレットであればこれで十分です。

 

他にも趣味と実用を兼ねたパワーストーングッズはいろいろとありますが、簡単にできるものとして勾玉の形をしたパワーストーンに編み紐などがあれば石の穴に紐を通すだけでパワーストーンのネックレスが完成します。編み紐はいろんな色があるのでカラーのものを選べば可愛らしさもアップします。

 

ネックレスであれば服の下に隠して身につけることができますので、会社勤めの方でもずっと身につけておくことができます。

 

またキーホルダーなどにつけておくことができるものとしてパワーストーン・ドールがあります。2、3cmほどの小さなドールは男女問わずつけておくことができるアイテムです。

 

パワーストーンにはそれぞれ意味がありますから、意味にあわせて石を組み合わせてドールを作ることで願い事を叶えてくれるドールを作ることができます。

 

ドールにはいくつか作り方がありますが、シンプルな基本の作り方をまず覚えておくと便利です。

 

まずは一番シンプルに作ることができるブレスレットの作り方をマスターしましょう。まずは好きなパワーストーンを数種類選び(1種類でももちろん良いです)、ブレスレットにした時にどの位置にどのパワーストーンを置くかということを決めます。できるだけ左右対称的に配置したほうが見た目がきれいです。

 

パワーストーンの間にロンデルと呼ばれるキラキラと光るものを配置するとオシャレ度が高いブレスレットに仕上がります。

 

あとは決めた配置の順番にテグスにパワーストーンを通して最後にテグスの端を結んで出来上がりです。パワーストーンを通す時にテグスの片側をクリップなどでとめてから通すようにするとすでにテグスに通してあるものがはずれにくいので良いです。

 

パワーストーンブレスレットはまとめて作りやすい

 

趣味にも実用にも向いているパワーストーンのブレスレットですが、フリマに出すことを考えた場合、できるだけ数を作っておくのが鉄板です。

 

そういう意味ではブレスレットはまとめて作りやすいのがメリットです。

 

しかもうまく作れなかった時でもテグスを切るか外すかすればいいだけなので何度でも作り直しをすることができますから失敗してもそれが無駄になってしまう可能性がとても低いです。

 

ハンドメイドは生涯学習といっても良いほど、やればやるほど実力も上がっていくものなので数を作っていくうちに1個作る時間も短時間でできるようになりますし、いろんなアレンジをできるようになってきます。

 

パワーストーンブレスレットを作る時に気をつけたほうがいいのは天然石なだけに1つ1つの石に開けられている穴が同じではない場合があるということです。石の大きさは同じくらいなのに穴の大きさは大きなものと小さいものがあったりして、テグスを通しにくい場合があるのです。

 

石に穴を開けるために両側から少しずつ開けているため、穴の中がまっすぐではなくガタガタになっていることもあります。ですから、できれば購入する前に穴の大体の大きさはそろえるようにしておくと良いです。

 

そして実際にテグスを通してみてテグスが毛羽立ったようになったりするようであれば別の石に交換しておくほうが良いです。ブレスレットはずっと身につけておくものなので手首につけているうちにテグスと石がこすれて簡単に切れてしまう可能性があるため、なるべく石に開けられている穴はきれいなものを選ぶようにしたほうがブレスレットのテグスが長持ちして壊れにくいです。

 

最近では天然石の形もハートなどのものも出てきたりして幅広い年齢に使ってもらうことができるデザインを作りやすくなってきました。

 

シンプルなデザインのブレスレットを作ることに慣れてきたら、デザインや使う石を少し凝ったものにしてみるのも面白いです。凝ったものにしても作り方は同じですから出来上がりまでの時間にほとんど差はありません。

 

あとは購入する人に気に入ってもらえるようなデザインを考えることができるかというところだけです。

 

天然石パワーストーンは在庫があっても損が出にくい

 

天然石のパワーストーンを使うメリットは大量に作っておいてそれがフリマで全て売れなかったとしても損をする可能性が極めて低いという点にあります。

 

パワーストーンはとにかくアレンジ方法がいろいろありますので、例えばブレスレットで在庫が残ってしまった場合には別のグッズに作り変えてみても良いですし、状態の良いものであれば石をそのまま販売することもできます。

 

原石そのものにすでに価値がありますので、持っていて損をしてしまうということがないのです。

 

ブレスレットはシンプルなものであるだけにいろんなタイプの天然石を最初に用意しておくとデザインを思いついた時にすぐに作ることができるので良いです。

 

またパワーストーンはそれぞれに意味があり、それを使ったアクセサリーを作って身につけることで願い事が叶うといわれています。

 

それゆえにパワーがある石ということでパワーストーンと呼ばれているのですが、占いがはるか何千年も昔からずっと受け継がれて人々に利用されてきたように、パワーストーンもその存在を知られるようになって以来ずっと人々から愛され、利用されてきたのです。

 

日本はストレスフルな人が非常に多い国であるということで知られていますが、それだけにいろんな悩みを抱えている人がとても多いのです。ですから、願い事を叶えてくれるといわれるパワーストーンで作ったアクセサリーは不動の人気だといえます。一時的な流行というわけではないものですから、いつの時代になっても使ってくれる人がいるということなのです。

 

ですから、もしフリマでなかなか売れなかったとしてもまた新たに挑戦してみるのが良いでしょう。

 

同時に色の組み合わせなども勉強しておくと見ためのバランスもきれいに整えることができ、それだけ気に入ってくれる人も増えます。より本格的なものを作りたいと考えた時にはパワーストーンの資格を取得するなどしてパワーストーンについてもアドバイスしながらフリマで販売するといったこともできます。

 

資格はいろんなものがありますので、どういったものを取得するのが自分にあっているかなどを比較してみると良いでしょう。

 

パワーストーンが好きな方や集めるのが趣味といった方はパワーストーンブレスレットなどの販売も良いでしょう。

要点を紹介するキャラクター

 

フリマでも売れるハンドメイド資格ランキング

 

フリマでハンドメイドを販売する時、特にパワーストーンのアクセサリーなどを販売する場合に役立つどんな資格があるのかということをご紹介しましょう。

 

画像名を入力

パワーストーン鑑定士の特徴

パワーストーンの種類や歴史、浄化法、パワーストーンとジュエリーの関連性などはもちろん、誕生石の種類やその意味・効果・使い方などパワーストーンの基礎知識があるということが認定されているという資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
パワーストーン鑑定士の総評
  • パワーストーンの種類や歴史、浄化法
  • パワーストーンとジュエリーの関連性
  • 誕生石の種類やその意味・効果・使い方
公式サイトへ

 

画像名を入力

天然石鑑定士の特徴

天然石の種類・色・産地・浄化法・使用法などの知識、その石がもつ意味・効果などを理解した上で様々な願いや悩み事などに最適なパワーストーンを選んでサポートをする資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
天然石鑑定士の総評
  • 天然石の種類・色・産地・浄化法・使用法などの知識
  • その石がもつ意味・効果
  • 願いや悩み事などに最適なパワーストーンを選んでサポート
公式サイトへ

 

資格は生涯学習としてもとても役立つものなので、いろいろ比較してみるのも良いのではないでしょうか。

 

1位・・・パワーストーン鑑定士

パワーストーンの種類や歴史、浄化法、パワーストーンとジュエリーの関連性などはもちろん、誕生石の種類やその意味・効果・使い方などパワーストーンの基礎知識があるということが認定されているという資格です。生涯学習としてパワーストーンのことを趣味にしたり、フリマでパワーストーンのグッズを販売する時にも役立ちます。

 

2位・・・天然石鑑定士

天然石の種類・色・産地・浄化法・使用法などの知識、その石がもつ意味・効果などを理解した上で様々な願いや悩み事などに最適なパワーストーンを選んでサポートをする資格です。

 

このようにパワーストーンといっても様々な資格があり、どの資格もフリマに置いては非常に役立つものとなっています。

 

特にパワーストーンについて詳細を知らないまま販売しているよりもその背景や有効的な使い方などを知っておくことが有利となります。

 

一番役立つのは「パワーストーン鑑定士資格」

一番役立たせることができる資格は「パワーストーン鑑定士」
パワーストーンのそれぞれの歴史や誕生石
パワーストーン同士の相性

生涯学習として学べる様々なパワーストーンに関する資格がある中でやはり一番役立たせることができる資格は「パワーストーン鑑定士」ではないでしょうか。

 

パワーストーン鑑定士はパワーストーンのそれぞれの歴史や誕生石、その意味や効果、使い方などの知識を得ることができるだけではなく、パワーストーン同士の相性や風水とパワーストーンの関係などについても学ぶことができます。

 

通常6か月ほどかけて学ぶことになりますが、最短2か月で講座を完了させることも可能です。資格試験がありますので、インターネットから自分の都合の良い日を選んで申込し、在宅で試験を受けることができます。

 

試験の費用として1万円必要です。ちなみに資格取得試験は随時行なわれていますから時間ができた時に

 

資格を取得するというのは生涯学習という意味でもとても良いことですし、収入にもつながるのですから頑張って取得してみるのも良いのではないでしょうか。

 

パワーストーン鑑定士は単独で資格を取得することもできますが、天然石鑑定士という天然石を使ったカウンセラー的な役目をする資格も同時に取得できるコースなどもありますので、そういったものを利用して勉強し、同時に2つの資格取得を目指すというのも良いでしょう。

 

パワーストーン鑑定士でパワーストーンについて詳細に様々なことを学び、天然石鑑定士の資格を活かして願い事を叶えたいという人やその相談に効果的なパワーストーンを選んであげるなどができます。

 

この2つの資格を同時に取得する場合、資格取得試験の免除などの特典もあったりするのでかなりお得です。また費用面でもバラバラに取得するよりもずっと安い費用で取得できますので、同じ取得するのであれば2つ同時に取得できるコースを選択するほうがいいです。

 

この資格を取得することで取得後はセラピストとして活躍することもできますし、フリマでパワーストーンのアクセサリーなどを販売する時にも専門家ということで強みになります。やはり資格があるのとないのとでは信頼度が違いますから、できれば取得しておくと役立つでしょう。

 

パワーストーン天然石資格はこちら

 

まとめ

 

「生涯学習」という言葉が浸透してきている現代ですが、どんなことを勉強したらいいのかということはとても迷うところではないでしょうか。

 

勉強をするのであれば自分が好きなことを勉強したほうがはかどりますし、将来的に好きなことで収入を得ることができるようになれば素晴らしいです。

 

生涯学習という言葉を聞くとなんだか難しいことをしなければいけないような気持ちになる方もいますが、実際にはそんなことはないのです。フリマで素敵な作品を販売したいからという目的から始めるのも自分がやりたい目標のの1つになります。ですから、その目標のために頑張るというのは素晴らしいことです。

 

パワーストーンは特に女性の間では絶大な人気があるアイテムですし、いろんなアレンジをしやすいという点や贈り物として購入するという人がいたり、カップルでおそろいを身につけるなどする人達もいることからフリマで販売しやすいといえます。

 

しかも時代が移り変わってもこういった昔から儀式などにも利用してきたものが受け継がれているということは、それこそ生涯学習として学ぶものとしてはふさわしいものだといえます。

 

パワーストーン鑑定士は講師として活動することもできるので、いろんな方にパワーストーンの魅力を伝えたいという方にもぴったりの資格です。

 

また最短で2か月ほどで取得できるというのもかなりメリットとしては大きいでしょう。短期集中型で勉強したいという場合にも良いですし、できるだけ早く資格を趣味にも実用にも役立てたいという時にも良いです。

 

資格の勉強をしていくうちにますますパワーストーンの魅力に気づいて趣味として楽しむことができるようになるという点もうれしいところです。

 

ハンドメイドで作った作品を販売する時には今までより詳しい情報を購入者に提供することもできますし、リクエストにあわせて石を組み合わせてオリジナルのブレスレットを販売するということもできるので、いろんなお客さんの要望に応えることができるようになることも期待できます。

 

活躍の幅が広がる生涯学習として学んでみるのも素敵です。

更新履歴